自転車ブログ

インフォメーション

sign.jpg

 

このたび、小径車にこだわった自転車屋さんをオープンしました。

 

小径車とは、概ね20インチ以下の自転車を差し、一般の自転車と比べるとスピードや悪路走行の面で劣ってしまいますが、漕ぎ出しの軽さや軽快な走行感、上り坂にも強く、なおかつお洒落!

 

コンパクトで軽いので街乗りに最適!

簡単に折りたためるため、車に乗せてお気に入りの場所をサイクリング!

 

当店では、現在4台の試乗車をご用意しています。

パンク修理、点検整備等もお任せください!

 

 ulebike.JPGDSCN2591.JPG

 

魅力いっぱいの小径車の走りを、ぜひ体感してみてください!!

 

 

有限会社 第一四国

〒781-2110 高知県吾川郡いの町6483-8

E-mail 459cycle@gmail.com

TEL 088-893-3217 FAX 088-893-3556

営業時間:平日9:30~17:30 土日祝:ご連絡いただければ対応いたします

エントリー

折りたたみ電動アシスト コンビニエント20インチ

tm-convenient17_690-600.jpg

シンプルな電動アシスト自転車 TRANS MOBILLY "CONVENIENT"です。

もちろん折りたたみですが、普段から折りたたんで使うというよりも、「折りたたみ可能」程度に思っていただくとよいかと思います。

ですが、これ。

シンプルで安定性も良く、航続距離も長く普段使いには持ってこいです。

上の写真のフロントバスケットはオプション(税別¥3,000円)ですが、大きく深さもあるのでお買いものぴったり!

写真のお姉さんが持ってるのがフランスパンでなくて、ダイコンやネギだとどうなんだろう?と思いながら書いてますが、、、

でも、まぁダイコンでもおしゃれですよ!!

本体写真はこんな感じ(これも写真準備がまだですみません)

tm-convenient01_690-600.jpg

フロントキャリアは標準で着いているので、バスケットのみオプションです。

折りたたんだらこのようになります。

tm-convenient07_690-600.jpg

充分にコンパクトなんですが、比較対象がないので分かりませんね・・・

後日アップします(__)

 

メーカー標準価格は¥65,000円(税別)で、当店の販売価格は¥52,500円(税別)です。

すごくリーズナブルでしょ??

これ本当におすすめです。

 

カラーはレッド、ネイビー、ホワイトの3色です。

航続距離は45km

重量20kg

詳しくはメーカーのWEBサイトをご覧ください。

http://www.gic-bike.com/product/trans-mobilly/convenient/

MOBILLY ONE X-BIKE 超コンパクト12インチ

少し変わった自転車のご紹介です。

といっても、

こんなのとか

                                                                           (wikipedia)

こんなのとか

                           (wikipedia)

こんなの

ド○ンボーですね

ではなく、

MOBILLY ONE X-BIKEです。

X-BIKEの名前のとおり、フレームがX(エックス)型になっています。

12インチの超コンパクトな折りたたみ自転車なんですが、何が変わっているのかというと、このように折りたたむんです。

(この状態でもちゃんと自立します)

通勤、通学にはあまりおすすめはできませんが、ちょっと変わった自転車が好きな方へ・・・

 

メーカー標準価格¥32,000円(税別)のところ、当店では¥28,000円(税別)で販売しております。

ちなみに、これも試乗できます。

試乗だけでもお気軽にどうぞ!

 

カラーは、ブルー、ブラック、レッドの3色です。

12インチ

シングルスピード

13.8kg

TOPONE KGK206LL 折りたたみ小径車

お手軽価格で人気の小径車”KGK206LL”のご紹介です。

DSCN2598.JPG

撮影協力:cafe Lechien

     高知市南はりまや町2丁目14-12

こちらは電動ではなく、普通の折りたたみ自転車で、20インチのモデルとなります。

泥よけ、ライト、フロントバスケット、ワイヤーロックと必要なものがすべてセットで

当店販売価格¥16,460円(税別)です。

通学、お買いもの等お気軽に乗っていただける自転車となっております。

24~26インチの一般的なシティサイクルやクロスバイクほどのスピードは出ませんが、小径車なので上り坂には強いです。

こちらも試乗車をご用意しておりますので、あれっ?と思う登坂性能をぜひお試しください。

 

カラーは当店イチ押しのモスグリーンのほか、ブラック、レッドがあります。

サイズは

長さ148×幅55×高さ105cm

折りたたみ時↓

長さ84×幅46×高さ88(cm)

重量16kg

6段変速

持ち運べる電動アシスト自転車 ULTRA LIGHT E-BIKE

最少・最軽量クラスの電動アシスト自転車のご紹介です。

 

「通勤や街乗りに電動アシスト自転車が欲しい」

「おしゃれな小径車が欲しい」

「駐輪場がないから置き場に困る、盗難、イタズラが心配・・・」

「旅先で自転車にも乗ってみたい」

 

そんな方の願いをすべて叶えてくれる電動アシストが登場しました!

DSCN2608.JPG

GICのTRANS MOBILLY”ULTRA LIGHT E-BIKE”です。

 

見た目はおしゃれな折りたたみ自転車ですが、クランク部分に電動モーターがセットされており、ペダルをこぐ力をアシストしてくれます。

もともと軽快な走行感と上り坂にも強い小径車ですが、モーターのアシストによって思わず笑みがこぼれる乗り心地です。

現在、写真の16インチタイプの試乗車をご用意していますので、お気軽に試乗にお越しください。

「いつまでも乗っていたくなる」そんな自転車ですよ(*^_^*)

DSCN2588.JPG

16インチ 6段変速仕様

メーカー標準価格 ¥120,000(税別)

当店販売価格 ¥84,000円(税別)☆お買い得価格

カラーはパールホワイト(写真)のほか、マットブラック、シルバーがあります。

またオプションで泥よけ、取り外し式のフロントバスケットも装着可能です。

 

14インチ シングルスピード仕様

メーカー標準価格 ¥115,000(税別)

当店販売価格 ¥94,800円(税別)

カラーはパールホワイト、マットブラック、レッドがあります。

オプションも16インチと同様に装着可能です。

 

詳しくはメーカーのWEBサイトをご覧ください。

http://www.gic-bike.com/tm_lp/tm-list.html

 

撮影協力:cafe Lechien

     高知市南はりまや町2丁目14-12

 

GPSサイコン iGPSPORT iGS130

格安のサイクルコンピューターが入荷しました!

iGPSPORTのiGS130というサイコンで、定価6,500円(税別)でなんとGPSサイコンです!

当店での販売価格は¥5,300円(税別)です。

GPSといっても、ナビ機能があるわけではないですが、単体でGPSの信号を拾って速度や時刻、走行距離等を表示してくれます。

センサーも必要ないので非常にシンプルです。

ケイデンスや心拍などは計測できませんが、街乗りなら問題なしだと思います。

PCとUSBで繋げば、iGPSPORTのアプリやStravaで走行データを管理することもできます。

操作も簡単で、ボタンは2つのみのシンプル仕様。

フル充電で22時間の使用が可能とのこと。

しかも、画面は時刻に応じて自動でライトが点灯します。

IPX7の防水となっています。

カラーは赤とグレーの2色があり、下の写真はグレーのタイプです。

20191018_103633.jpg

 

それでは、細かく見ていきましょう!

 

20191018_103831.jpg

付属のマウントと充電用USBケーブルです。

中央のパーツはマウント本体のすべり止めです。

2本のゴムを使って固定するタイプですね。

実はこのマウント、GARMINと互換性がありますので、GARMINの純正マウントやレックマウントが使用できます。

 

20191018_103751.jpg

簡単な説明書が付いていますが、日本語が微妙で少し分かりにくいです(笑)

もう少し詳しいのがネットで見られますので、そちらをお勧めします。

 

20191018_103959.jpg

本体サイズはこれくらいです。

 

20191018_104442.jpg

本体裏のゴムのカバーを開けてUSBケーブルを差して充電します。

ストラップホールもありますので、付けておけば安心ですね。

 

20191018_104505.jpg

 ボタンは2つだけ、といたってシンプル。

左ボタンで電源が入ります。

起動も非常に早く、すぐにスタートできます。

(初めて起動した時のみ、GPSの測位に数分かかりますが、次回からはすぐに測位してくれます)

ちなみに、この左ボタンで計測のスタート/ストップができます。

電源オフは長押しです。

右ボタンはライトや表示の切り替え、設定ボタンです。

設定といっても、難しいことは何もなくGPSの時刻合わせのみです。

(というか、それしかありません)

このボタンを長押しすると下の写真左のようになります。

もう一度押すと右のようになり、9:00と設定します。

(デフォルトではGMTに設定されているので、JSTに変更します)

20191018_104846.jpg20191018_104853.jpg

 

このiGS130はスピード表示とあわせて、走行時間、走行距離、平均速度、最大速度、総走行距離を表示できます。

(時刻はスピードの上に表示されます。)

20191018_104743.jpg

↑走行時間

20191018_104749.jpg

↑走行距離

20191018_104756.jpg

↑平均速度

20191018_104801.jpg

↑最大速度

20191018_104807.jpg

↑総走行距離

20191019_163709.jpg

バックライトを点灯するとこんな感じです。

薄いブルーで、すごく見やすいです。

※この記事の写真は保護フィルムを貼った状態で撮影していますので、画面が少し反射していますが、保護フィルムをはがすと、低反射の画面です。

日差しの強い日中でも視認性は良好です。

 

以上、当店で取り扱っているiGPSPORTのGPSサイクルコンピューター「igs130」の紹介でした。

第一四国サイクリング部活動(20019.5.26)

こんにちは、第一四国サイクリング部の市川です。

2019年5月26日(日)に開催された第2回高知仁淀ブルーライドに参加しました。

今回初めての参加ということで、ショートコース(75km)に5名で参加しました。

いの町の波川公園を出発して仁淀川を見ながら上流へ。

日高村~越知町~佐川町~日高村~いの町のコースです。

short.jpg

川よりも山が多いような・・・

結構な上りが何カ所かあり、押して歩く人もちらほら・・・

我サイクリング部きっての坂好きもさすがにへばってました。

 

7:00にいの町の池田町長の挨拶、太鼓の演奏があり順次スタート。

ロングコースの参加者から順にスタートするので、自分たちは8:30ごろのスタートでした。

20190526_073316.jpg

お天気も良く、それほど暑くないという絶好のコンディションの中のライドです。

 

走ることに夢中になりあまり写真がありませんが、ご覧ください。

20190526_103544.jpg

(仁淀川名物の沈下橋)

hidaka.jpg

(屋形船乗り場のエイド)             ↑坂好き

日高村特産のシュガートマトや芋けんぴをいただきました。

20190526_115829.jpg

ここのイチゴは絶品でした!

20190526_130117.jpg

(佐川町エイド)

司牡丹の仕込み水や地元の吉本乳業の地乳や地乳アイス等いただきました。

これから始まる楽しい坂の存在を皆知らない。。。

20190526_141824.jpg

(日高村猿田洞エイド)

ここでは日高村の戸梶村長から直々にお茶をいただきました。

洞窟内にも少しだけ入りましたが、ビンディングシューズだと滑ってキケン・・・

あらためて訪れたい場所です。

 

景色やエイドを楽しみながらのライドで、15:00過ぎのゴールでした。

幸いトラブルもなく、参加部員全員が完走できました。

参加者の皆さん、スタッフ・ボランティアの皆さんのおかげです。

本当にありがとうございました。

また、沿道で手を振って応援してくださる方もいて、とてもうれしかったです。

 

来年も参加するかどうかは・・・

皆に聞いてから、ということで。

携帯簡易トイレ「まちこ巻き」を使ってみた

  • 2018/10/13 14:36
  • カテゴリー:その他

こんにちは、市川です。

朝夕、ずいぶんと涼しくなり過ごしやすい時季になりました。

さて、このたび第一四国では、「使ってみた・試してみた」シリーズを不定期に掲載することとなりました。

で、今回はその第1弾として「携帯簡易トイレまちこ巻き」をご紹介します。

 

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 20181013_134839.jpg

「まちこ巻き」のパッケージです。

A5サイズに折りたたまれており、厚みも3cmくらいでコンパクトです。

説明書きの紙が入ってますね。

では、試してみましょう!

20181013_134932.jpg

袋から取り出した状態です。

ピンクのシールが付いているところが開け口になっています。

20181013_135003.jpg

パタパタと広げていきます。

20181013_135045.jpg

広げました。

ゴミ袋の底の部分にフラットシートを貼り付けた構造になっています。

20181013_135120.jpg

説明書きに沿って袋を開いていきます。

裏返しにひっくり返す感じですね。

20181013_135208.jpg

ひっくり返しました。

これでゴミ袋の底にフラットシートが敷かれた状態になります。

20181013_135634.jpg

この状態でも自立するので使用できますが、適当な大きさのダンボール等があれば、なお安定して使うことができそうです。

20181013_135320.jpg

ダンボール箱を用意してみました。

20181013_135719.jpg

インしてみました。

安定感抜群ですね!

20181013_135958.jpg

吸収性を見てみましょう。

カップに400ccの色水が入っています。

20181013_140016.jpg

入れます。

CMでよく見るシーンですね。

20181013_140225.jpg

400ccすべてを入れて2、3分の状態です。

この状態で触っても手は濡れません。

しっかりと吸収されています。

20181013_140250.jpg

処理の仕方はとても簡単。

なんせ元はゴミ袋ですから・・・

袋の縁を広げて

20181013_140324.jpg

結ぶだけ!

 

実に簡単でした。

ほんの数分でセットでき、十分な吸収量で処理も簡単。

うまく考えたなぁ、と思えるアイデアグッズでした。

 

今回は災害時を想定してダンボールにセットしましたがご家庭のトイレの便器(和式・洋式)にもセット可能です。

災害時、断水時に備えあれば憂いなし!

ぜひ備えてみてはいかがでしょうか?

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ

ユーティリティ

2019年11月

- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

過去ログ